« **:.。LIBERTY Thorpe #2。.:** | トップページ | :**:.。fleurs de paris petite eglantine。.:** »

2010年8月15日 (日)

**:.。久しぶりのスカラップワンピ。.:**

毎日暑くて、暑くて、大変ですね。我が家は只今、家族全員が夏休み中。朝から深夜まで、エアコンがフル稼働しています。来月の電気代が怖いなぁと思いつつ、エアコンのない生活は無理ですし。。。(^-^;

家族が揃っている時は、そんなにミシン作業をしないので、今はのんびりペースです。

Kakozck0lpczbedau9tj

久しぶりにスカラップ生地でワンピースを縫いました。

Kakoposyh9bt4jrn8lys

実家へは今週末に帰省するので、それに合わせてプチピーナッツさんへ納品しようと思います。でもまだ、あんまり出来ていません~(*^m^) コレカラガンバルノデス

さて、今日は65回目の終戦記念日でした。

私の人生に多大なる影響を与えてくれた、母方の祖父のお話です。祖父は戦前、広島市内でテーラーの職人になるべく修行し、オシャレな紳士方へ沢山のスーツをお仕立てしていました。

ですが戦争へ行くこととなり、職人の道具である鋏やミシンの代わりに、銃を持ち戦場を駆け巡ることとなりました。南の戦地を目指し、宇品港から出発しました。

私は今でも宇品の港に立つと、その時の祖父の目には元宇品の山、江田島、瀬戸の風景がどのように見えていたのだろうと考え込んでしまいます。

祖父は7年前、82歳で生涯を終えました。どんな話をしていても、なぜか戦争の話になってしまう人でした。

例えば。。。土用丑の日に食べるウナギ。戦地で今日の晩御飯はウナギだと言われ、喜んでいたら、実はヘビの蒲焼で、食べないと上官から怒られるから、みんなで一生懸命に食べたとか。ウナギを見ると、いろんな話の流れから、最終的にはこのお話に。

例えば、バナナ。果物屋さんでバナナを買おうとしたら、「じーちゃんはビルマで(現在のミャンマー)捕虜になった時に、現地の人から、おいしいバナナの見分け方を教えてもらったから、バナナの事なら任しておけ」と。バナナを見ると、これまた最終的にはこのお話に。

私は幼い時から、テーラーのお仕事をする祖父の傍らで、その手元を見ながら、ずっと戦争の体験を聞きながら育ちました。でも、平和な時代に育った子どもだったので、上手に聞き流していたのだと思います。

今思えば、とても申し訳ないのですが。。。

戦争が終わり、私の母が生まれ、そして私が生まれ、命のリレーが続いているのは、とても奇跡に近い事なんだなぁと思います。。。幼いころに子守唄のように聞かされた戦争体験記を想い出す事が、私にとっての終戦記念日です。

広島ブログ >

« **:.。LIBERTY Thorpe #2。.:** | トップページ | :**:.。fleurs de paris petite eglantine。.:** »

hand made」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。