« **:.。ありがとうございました.。.:** | トップページ | :**:.。スカラップ生地のお洋服達。.:**:. »

2009年5月24日 (日)

**:.いのちの輝き.:**

4月の終わりに、いとこに赤ちゃんが生まれました。叔父と叔母夫妻にとっては、初めてのかわいい孫の誕生です(o^-^o)

赤ちゃんの誕生がみんなみんな嬉しくて、かわいいね♪と何度も抱っこしました。

残念ながら現在、叔父は病気で入院中です。出産した病院から退院したその足で、叔父の元へ赤ちゃんを連れて行ったそうです。その時の写真を、叔母から見せてもらいました。

写真に写っているのは、生きる為に頑張っている二つの命。一つはみんなを幸せにする為にこの世に誕生した、赤ちゃん。そしてもうひとつは、命の終わりに向って病気と闘う叔父の命。痩せ細ったその腕に抱かれた、小さな小さな赤ちゃん。二人ともとても幸せそうで、命のリレーのバトンが渡った瞬間を1枚の写真に収めたような、とてもよい写真でした。

叔父は1年前、余命3か月と診断されました。いとこは孫を抱かせてあげたいとその後妊娠し、その願いがかなったのです。生きる希望を持つことは、叔父にもとても良かったみたいで、夏にはもう一人下のいとこの赤ちゃんが生まれ、叔父には孫が二人に増えます。

今は病床に伏せている叔父ですが、酒、たばこ、女性、博打、どれも極めるほどのやんちゃぶりで、叔母はよく泣いていました。私は子ども心に、遊び人ってこんな人の事を言うんだなぁと、自分は堅実に生きようと誓ったものです。

叔母は何度も離婚しようと思ったはずですが、それでも献身的に看病する姿に、いろんな夫婦の形を学びました。二人の結婚式にも出席した私が、夫婦のスタートからゴールまでをこんなに早く見届けることになるとは、想像すらできないことでした。

昨日の朝、叔母から母経由で、叔父が余命1か月だという事を知りました。痛みや苦しみから早く解放してあげたいという気持ちと、もう少しみんなの傍にいてという想い。両方ともが、本当の私の気持ちです。

夫としてはかなり失格?な叔父でしたが、病気から逃げずに正面からぶつかって治療を受ける姿に、人として尊敬に値するなと思いました。自ら命を絶つ人が多い昨今、叔父だけでなく、病気と闘い命を最後まで輝かせる事ができる方は、本当に強い人だと思います。

人は守りたいものがあると、強くなれるのでしょう。赤ちゃんの記憶に叔父は残らなくても、その愛おしいという想いは決して消えることなく、永遠に。。。

« **:.。ありがとうございました.。.:** | トップページ | :**:.。スカラップ生地のお洋服達。.:**:. »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

いのちの繋がりってすごいですよね☆私は、祖父を亡くしてからすぐ、おなかに息子が宿りました☆その時すごく不思議な感覚だったのを覚えています。
看護師時代には、産婦人科で命の誕生に何度も立ちあい、脳外科では、命の終わりに何度も立ちあい、「いのち」について、ほんとにいろいろ考えました。結果、わかったことは、どちらも素晴らしいということ☆☆☆こうやっていのちってずっと繋がっていくんだな~と思います。まあるいいのち、、、ですね◎

RISAKOさん こんにちわ♪

前のイベントで、帽子と哺乳瓶のカバーとスタイを購入させて頂き、プレゼントした赤ちゃん。あのときはまだ、お腹にいましたが、無事に生まれました(≧∇≦)

以前は死は恐ろしいものだと思っていましたが、今は目の前から肉体が消えるだけなのかなって思っています。想う気持ちがあれば、その人の存在は永遠なんだと思います。

RISAKOさんの看護師時代に経験した沢山の事が、これからのお仕事の支えになるのでしょうね♪ 

開業まであと少し。体調に気をつけて頑張ってくださいね☆

この記事へのコメントは終了しました。

« **:.。ありがとうございました.。.:** | トップページ | :**:.。スカラップ生地のお洋服達。.:**:. »